鉄下駄チャリでGOPRO

尾張在住のクロスバイク乗りが、東海地方の自転車ツーリングをgoproで記録に残すブログ。愛知・岐阜・三重中心のグルメも。

ハンドル周り調整

木曜に購入したFizikのバーテープ

土曜の朝に巻いてみました。

 

4時ころに目が覚め、朝食を作ったりしてましたが、すぐにやることもなくなり…

 

屋外の駐輪場に自転車を停めているため、

せっかくなら日が昇り切って暑くなる前にやってしまおう!

と覚悟を決め外へ。

 

県内に避難勧告が出るほどの大雨が降ってたんてすが、すっかり雨雲は消えてました。

 

先代を剥がしたハンドル

f:id:sakuraat2ume:20170715225940j:image

き、汚い…

 

先代の両面テープの粘着力が強かったようです。剥がすときにブチブチ千切れて、残骸もちらほら。目立たないだけで、劣化もしていたようです。

 

というか、よく見ると先先代の残骸も残ってますね、これ。巻き直す時にそのままにしていた様子。これを機にしっかり落としてしまいましょう!

 

まずは、ハンドルからブレーキレバーを取り外します。

レバーの付け根に開いた穴の奥に、4mmの六角ナット。これを緩める。

f:id:sakuraat2ume:20170715230204j:image

ところが、専用の工具が見当たらない。取り付けるとき購入したんですが、いつの間にか紛失したようです。

仕方なく、他の棒レンチで代用。

 f:id:sakuraat2ume:20170715231326j:image

残骸は爪で丁寧にバーからこそげ取り、粘着テープにはパーツクリーナーを吹きかけ、布でゴシゴシと落とします。

 

綺麗になりました!

 f:id:sakuraat2ume:20170715225839j:image

 

ブレーキレバー位置を調整します。

 

シャローハンドル。と、思う。

f:id:sakuraat2ume:20170715232403j:image

全体に大きくひとつのカーブを描いています。

 下ハンを地面に平行にし、レバーは下端がその延長線上にくるのが理想の位置だそう。なので、ブレーキレバーに上からそえたとき、他のハンドルより前傾姿勢になるようです。

 

 レバーを固定し、ステムに取り付けます。

 f:id:sakuraat2ume:20170715231637j:image

 

ブレーキワイヤーを、ビニールテープでハンドルに固定。

f:id:sakuraat2ume:20170715231810j:image

これで、あんなに汚くなることもありませんね。

  

 

ここでようやく、バーテープの登場です。

 

端を出して巻き始めます。

 f:id:sakuraat2ume:20170715233812j:image

エンボス加工がない部分を目安にはみ出させます。巻き終えるとスタート地点は手がつけられないので、数周巻いたらキャップを先にはめておくのがオススメです。

 

  ゴムハンマーで叩いて押し込みました。

f:id:sakuraat2ume:20170716000246j:image

 

アールの外径側を、巻く幅が一定になるよう巻いていきます。

f:id:sakuraat2ume:20170716102429j:image

 レバーに到達。

 f:id:sakuraat2ume:20170715235138j:image

 金具を避けて巻くとこうなります。

f:id:sakuraat2ume:20170715235738j:image

 これは下手すぎて極端に露出してますが笑

 

ここで、同梱されてた短テープの出番です。

金具を覆うように貼り、

 f:id:sakuraat2ume:20170715235506j:image

レバーの根元ギリギリまで先ほどのように巻く。

 隙間を埋められました。

f:id:sakuraat2ume:20170715235904j:image

 

フラットバーの部分をこぶしひとつ分巻いたら、巻き終わりをきれいにします。

テープと巻き終わりの位置との接点に小さく切り込みを入れ、

 f:id:sakuraat2ume:20170716001330j:image

 そのまま一周させ、先ほどの接点でテープにまた切り込み。

切り込み同士を一直線にカットすると、綺麗にまっすぐ巻き終わりました!

f:id:sakuraat2ume:20170716110603j:image

 

 

 と、ここまでは練習。両面テープを剥がさずに、一度とおしで試してみたのです。なにせ3年ぶりの交換ですから、慎重にもなります。

 

今度は本番。

 

反対側の端をフレームにとめておきます。

 f:id:sakuraat2ume:20170716110939j:image

これでテープが遊ばずに、ストレスなく巻けます。

さっきのように巻き直して、エンドテープで端をしっかりとめたら、完成です!

 f:id:sakuraat2ume:20170716001427j:image

おわりー

 

久々すぎて異様に時間かかりました(^_^;)

練習あわせて2台分作業したことになるので、当然ですが。