鉄下駄チャリでGOPRO

尾張在住のクロスバイク乗りが、東海地方の自転車ツーリングをgoproで記録に残すブログ。愛知・岐阜・三重中心のグルメも。

グランフォンド八ヶ岳2017に参加しました(その1)

パンクもメカトラもなく無事に走ってくれたチャリに感謝!

 

先週末に引き続き、自転車イベントに参加してきました。この時期は暑くなくてチャリに乗るには絶好の季節ですね!秋花粉にはアレルギーないし。

グランフォンド八ヶ岳。今回も後輩と2人でエントリーしました。グレードがいくつか分かれますが、メディオフォンドというもの。74kmで獲得標高1402mだそう。なお、グランフォンドは約2400m。え、えげつない…((((;゚Д゚)))))))

受付は前日のみということで、初の泊まりがけでの参加でした^ - ^

いなヴェロの反省を活かして、ルートと休憩箇所の作戦会議をしっかりして完全制覇が目標です٩( 'ω' )و膝の痛みが出ないといいけど…。

 

秋の山でのイベントということで、寒さと雨対策を兼ねてレインジャケットを購入しました。

THE NORTH FACEのクライムベリーライトジャケット

 

gore-tex の新商品、c-knitを使った商品で、防水性と透湿性がアップしながら軽くなってる優れもの。付属の袋に収納すればボトルゲージやサイクルジャージの背中のポケットにも入りそうです。おまけに防風性もあるので、1着あればウインドブレーカーにもなる。

基本雨の日は漕がないし、ツーリングの時はコンビニでポンチョを買って使い捨てにしてきました。雨具とウインドブレーカーと兼用できれば荷物が2分の1にできるし、ブルベ参戦を見込んで購入しちゃいました。 

参考までに。わたくし身長173cm体重62kg、胸囲95cm、着丈65cm、肩から手首まで60cm(※ セルフ採寸)。Lサイズでピッタリでした。重ね着しても余裕のありそうなサイズ感で、かといってブカブカでもないシルエットです。

両胸に深いポケット、後ろには何もありません。ムレ防止のベンチレーションもないのは透湿性の自信の表れか。フードと裾が紐で調整可能。袖口は、ベルクロとゴムの合わせ技で、締めつつも融通のきくようになっています。

 f:id:sakuraat2ume:20171003185111j:imagef:id:sakuraat2ume:20171003184956j:image

シーム加工で防水性を確保。

 f:id:sakuraat2ume:20171003185122j:image

 

 

さて、土曜は未明に家を出て、昼まで山梨観光。

ランチは明日のコースの近くにある、「アフガン」のカレー。結構並んでて、整理券取ってから1時間弱待ちました´д` ;何カレーだったか忘れたけど、ほとんど売り切れてたので頼めるやつで。ルーはあとがけ。

f:id:sakuraat2ume:20171003225126j:imagef:id:sakuraat2ume:20171003225452j:image

残さないならライス大盛り(400g)無料!残すとプラス100円だそうですよ。

 

15時頃に会場の清里の森へ行くと、関東や東海ナンバーの車が集結してました。

さっそく受付し、ウエルカムパーティーへ。まだ人もそんなにいない。

f:id:sakuraat2ume:20171002143302j:imagef:id:sakuraat2ume:20171002142948j:image

ウエルカムパーティーの会場には、試乗やメーカーのブースが。

ロードに乗れる滅多にないチャンス!ピナレロの試乗に申し込んだんですが、試乗車が戻ってくるのが遅かったみたいで結局乗れず。゚(゚´Д`゚)゚。

隣のブースでは、ローラーのメーカーが腕試しイベントをしてました。

12.5%まで次第に勾配のキツくなる坂を、制限時間内に400m上り切ればボトルが貰えるらしい。

ホワイトボードの制限時間、最初は1分10秒だったのが、修正に次ぐ修正で1分50秒に伸びてた。難易度高そう。

 無謀にもチャレンジ!

↓挑む後輩。

f:id:sakuraat2ume:20171002081049j:image

2人とも1分30秒台でクリア できた!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶けど、足がフラフラで頭も酸欠気味_(:3 」∠)_

隣のパワーが測れるローラーで600出せば、こちらもサイクルボトルをプレゼント。こっちは先にクリアしときました。勾配チャレンジを先にやってたら、こっちは多分6くらいしかいかない笑。そんな数値ありうるのか知りませんが。

大会前に疲れ果てた2人は会場の隅っこでしばらく座り込んでました。翌日は1分とかいう次元じゃないのに、先が思いやられる。

 

一気にボトルが増えた笑。でも開けづらい。

f:id:sakuraat2ume:20171002081110j:image

右の柄違いは参加賞。

リアライトも壊れたのでついでに買っときました。

CATEYEのRAPID mini TL LD635-R

同シリーズのLD700と迷った挙句、こっちのほうが少し安いのと、連続点灯時間と光がより広がって見えるためこっちを選択。

USB充電でパルスなら20時間バッテリーがもつので、ロングライドで役立ちそうです。

フロントライトの憧れ、VOLTもサンプルでありました。なるほど相当明るいけど、お値段も相当ですね。自転車ってお金かかるんですね(←今更)

 

ウエルカムパーティーも終わり、会場をあとに。まずは今夜の宿へ向かいます。

清里の森から南下し駅前を通ると、…こわ。駅前で視界に入る店がすべて閉まってる。開いてるのはマジで交番くらいかもしれない。完全にゴーストタウンです。何もない田舎よりかえって寂しい。住宅街ではなく観光客向けの駅だからだろうけど、それにしても…。まだ17時だというのに人っ子一人いないとは。

調べてみると、かつては観光地として栄えたようですが、バブルがはじけて一気に寂れてしまったようです。

 

ペンションにチェックイン。素泊まりで1人で3000円。こうみえて、ロビーでWi-Fiが使えます。

f:id:sakuraat2ume:20171003111631j:imagef:id:sakuraat2ume:20171003201343j:image

 

結局、晩飯食べるのと朝飯の調達に麓へ繰り出しました。※ 大通りにはコンビニとかレストランはいくつかありました。他の参加者さんで混んでたし、スーパーに行きたかったから、地元の生活圏に行ったってことです。駅前のインパクトが強くて散々ディスってしまいましたが、いいとこですよ。

 

長くなってしまったので、いったんここまで。